HIROO

作品

リメイク

古着屋で購入した端午の節句の男の子の袴を、着古したジャケットに組み込む。
一生に一度の晴れ着を、一生に一度しか着ないのはもったいない。

オーダーメイド

兵庫県在住の和柄創作者「神の手」さんにオーダーして作っていただいたパーカー。
片面総柄、片面無地白のリバーシブルになっています。

カスタム 1

甚兵衛の上を前後互い違いに貼り合わせる。
シックな和の装い。

カスタム 2

金糸が眩しい帯を、非対称に縦と横に組み込む。
タイトな和の装い。

カスタム 3

和柄のロンTの翁(おきな)般若、雷雲と舞い散る花びらを切り抜き全体に配置。
まさに和のモチーフだが色合いも爽やかで重すぎずインパクト大。

カスタム 4

ナイキのロゴの上に様々な端切れを張り合わせる。
ブランドでありながらオリジナル。
侵食。共存共栄。
カスタム前

カスタム 5

元のロゴに少しずらして貼り付けることで立体感がでる。
鮮やかな蛍光色が映える。
カスタム前

カスタム 6

アディダスには花柄を。
ロゴの形をした窓から、紅い花が舞う景色を眺めているようだ。
一部から全体を想像させる、奥行きのあるシャツに仕上がった。

カスタム前